.
.
.
.
.

インデックスファンドについて

年収240万のミュージシャンの投資ブログ。株、投信、住宅購入や車や保険などなど。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2008/06/01(日)
2008年6月1日更新

インデックスファンドについて

ファンド(投資信託)の基本であるインデックスファンドについてお話したいと思います。

日本には、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)。
米国にはダウ平均株価やNASDAQ総合指数・S&P500。
世界にはこのような株価指数が存在します。
これをINDEX(インデックス)と呼びます。

例えば東証株価指数(とうしょうかぶかしすう、TOPIX)
これは東証一部に上場している、株の全銘柄の値段を表す数値です。

「TOPIXインデックス・オープン」というファンドがあったとします。

このファンドでは…
TOPIXの数値に沿った!
TOPIXの採用銘柄をTOPIXと同じ様に買っている!
要はTOPIXの縮小版を、皆から集めた資金によって作っているファンドといえるでしょう。

他の指数に沿ったインデックスファンドも多数存在します。
不動産の指数に東証REIT指数というものがあります。
この様に株価のみならず、不動産や債券などの指数に沿ったファンドも存在します。

この様に様々な指数がありますので、同じインデックスファンドでも、
間接的に持っている銘柄が大きく変わる可能性があるので注意です。

まずは自分が見つけたインデックスファンドが、何の指数に沿ったファンドなのか。
これを見極めましょう。
そしてその指数について少し調べてみましょう。
色々なことが分かると思います。

<インデックスファンドのメリット>
・取引コストが安い
インデックスファンドでは他のファンドとは違い、
ファンドマネージャーが銘柄を選ぶ事がありません。
信託報酬(毎年運用している人に払う報酬)も安いです。
大体安いファンドで0.6%~/年くらいでしょうか。
国内株式や国内債券は比較的安いですし、外国株式などは少し高めになっています。
信託報酬は長期投資の場合かなり儲けに響いてきます。
購入時の手数料は無料のものが多いです。



同じインデックスを買うなら信託報酬の安いファンドを選びましょう!!

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://binnbou55.blog43.fc2.com/tb.php/34-2f111ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 貧乏人の為の投資術 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。